欧州サッカー戦術&考察!

昔スポナビで運営してたブログサービスの引継いだブログ。ちなみにstramacioniは向こうでのユーザーネームです。

Jリーグ女子マネージャーの謎。

いや、この手の「押し売り系コンテンツ」って、上手くいったの記憶にないんですよ。

このマーケティングで狙ってる事は主に2つあって…

1、低年齢層(25歳くらいまで)の拡大

2、女性層へのアピール。(あわよくばブランド化し、サッカーのマネージャーは特別なものだと思ってもらう)

です。

要するに観客を増やしたいと言う事ですね。

◼︎意図はどこにおくべきか?

現状のやり方では、意味はほとんど無いと言っていいと思います。

なぜなら「他の人気のある競技(野球やテニス、フィギュア等)で、そんな事を問題にすらしていないから」です。

低年齢層対策も女性層アピールも全く的外れで、そもそもが高校生〜大学生辺りに焦点を合わせるのではなく、「気軽に観に行ける」「家族で観に行ける」「女の子を誘って観に行ける」「女の子達だけでも観に行ける」という部分に(段階を追って)主眼を置くべきなのに、女子マネージャーで一過性の観客を呼んでどうするんでしょう?

*野郎共だけで観に行くのは、どの段階でも可能なので割愛。

サポーターに、家族で(子供を連れて)見に来てもらって、子供含む家族ぐるみでファンになってもらえれば長期的にも解決しますし、スタジアム内と周辺にショップと飲食を充実させて魅力を出し、デートコースとしても使える(ついでにサッカーを観れるような感じ)ようにすれば、自然と女性層も増えるのではないでしょうか?

そんな色々な人に来てもらって、それが面白かったと感じた人達が、友人を誘いスタジアムに来るという循環が出来る。

そのためにスタジアムの「治安」を最優先し、内装を整え、サッカーに興味が薄い人でも誘いやすく、観に来やすい環境を整えるのを最優先とすべきなのではないでしょうか?

カープ女子等も話題になりましたが、これは「ファン側」から自発的に発生したものです。

球団側からの提案ではありません。

そして広島側でカープ女子が増えたのは、MAZDAスタジアムが出来てからという事は間違いないでしょう。

関東圏では、地元愛全開じゃない「ライトな応援が許される雰囲気」と、その中に混じる本家ファン層とのおおらかな融合、一体感ある名物パフォーマンス(スクワット)が、マッチした結果であると思います。

もちろん爆発的に普及した理由は、「カープが一時的にでも強かったから」です。

スポーツにおいて「強い」という事は、何にも勝る訴求力があります。

◼︎まとめ

要するに、お客様に来て頂くためには「競争力を上げる事」と、「スタジアムに行きたくなる環境作り」「そこに来てくれるファンのためのイベント」に主眼を置くべきであって、一過性のパフォーマンスで瞬間的に人を呼ぶだけでは、前のJリーグバブルからなにも学んでないねという事になります。

上っ面の対策ばっかで根本的に改めるべき箇所に何もしていないというのが残念でなりません。

と言うのも、トヨタカップ(日産スタジアム)は女子だけで来てる人、家族連れ、サッカー少年の集団が思いの外多かったんです。

前の席の女の子達は、白人からナンパ気味に話しかけられ、その交流をとても楽しんでいました。笑

マーケティング(本来は、ここではこんな楽しみ方もありますという周知、イベントを指す)、サッカーの競争力共に関係のない、謎のモデルサポーターに全ての責任を被せた事が話題になる辺り、Jリーグの経営&関係者は本当に大丈夫なのかと疑わずにはいられませんでした。

まあなんつーか、佐藤美希さん完全に被害者だろこれ…。

いきなりノープランでJサポになってね!Twitterやらは丸投げするから!っつったら、このツイートもするっしょ…。

FF14のFFチャンネルとかってタレント素人企画で、公式ハブり喰らって泣きそうになってた子を思い出したわ。

FF14は4人で1組みで遊ぶのがメインなのに、一人だけレベルが足りなかったため、公式でハブってその子一人でレベル上げさせて、他の人達で遊んでた。エンディングでガチ泣き顔だったことに加えて、ラストの集合写真すらハブって、あらゆる意味でユーザーの度肝を抜いた史上最低番組。

という訳で、本筋である「サポーターを増やす事」と、「スタジアムに観に来てもらう事」にいち早く注力していただけるよう願っております。

◼︎補足

「女性層」という言葉を便宜上多用していますが、俗に言う「世間一般の層」の事だとお考え下さい。

マイナーで一部から人気がある程度の競技から、メジャーで一般的な競技になるに当たって、その「普通の層」に興味を持ってもらう必要があり、文面上利便性の高い言葉だったので、使わせていただきました。

◼︎後書き

ずっと気になってたんですが、素人サポーターを、単身送り出すのは何のメリットがあるんでしょう??

世界バレー、高校サッカー、甲子園野球など、今回のJリーグサポーター含めて、大会サポーターと称するアイドルの素人が、何の助けもなく、リポートしてくれています。

まさに誰得!見てる人も出演者も誰も得しない。

せめて知ってる人と組ませて、素人サポーター(=その中継見てるあまり知らない人)に分からない事をガンガン質問させて、見てる人と一緒に知っていこうとするような工夫をしたらどうか?

もしくは、最初から知ってる人(その競技のファン)を呼んで、濃ゆいトークを字幕で補足しながら展開していくとかって見せ方は出来ないんですかね?

唯一フィギュアが上手く行ってると思いますが、採点の仕方について詳細に説明しているのを見たことが無いです。部分的に3回転は成功すると何点とかは言っていますが、例えば、羽生の演技を通しで流して、ここのエレメンツは何点で採点はこんな理由…とかってやっているのを見た事がない。*2分間くらい荒川さんが解説していたのは見た記憶があるが、演技全部ではなかった。

興味あるならググれってのは分かるんですけど、せっかく放送するなら、もっと色々やってみても面白いんじゃないかな〜。

今の素人サポーターでは、知ってる人=つまんない、知らない人=競技の魅力が分からない、になっちゃっていないかなと。

JスポーツのFootというサッカー番組が、かなり濃ゆいのにJスポーツの看板番組です。

そしてサッカーを見始めた人達に話しを聞くと、試合の見方が分からないから、知ってる選手が出ているか、ゴールがないと面白くないと言うんですね。

これはすなわち、解説して見所を紹介すれば、知ってる人も知らない人も楽しめるようになるという事でしょう。

今回のCLのアトレティコ対レアルのマドリーダービーも凄い面白かったです。

…が、これは今回の主題とズレるので、割愛します。

今回の試合ではないですが、レアルに関してはプロフのリンクにある「明日は曇り」様に詳しいので、そちらをお読みいただきたいです。

そして願わくば、その解説を見て、もう一度試合を見ていただきたい。

違う見え方で、また楽しみ方が広がっていると思います。

スタジアムで俯瞰で騒いで見る楽しみ、それをTVで見直す楽しみ、そしてそれを解説している意見を見て、新たな知見を得る楽しみ…様々な楽しみ方がある中で、自分に一番合った楽しみ方をして行きましょう♪