欧州サッカー戦術&考察!

昔スポナビで運営してたブログサービスの引継いだブログ。ちなみにstramacioniは向こうでのユーザーネームです。

ざっと振り返るユナイテッド×バルセロナ。

時間が空いちゃったので、気になった部分だけ書き出し。

*ユナイテッド視点から見てます。

◼︎全体

スコア

3-1でユナイテッド。

全体的に緩め。

見所は4-2-3-1導入のユナイテッドと、流してるのに基本はキッチリこなしてるバルサの完成度の高さ。

◼︎前半

「4-2-3-1」の「2」の横スペースを埋めるはずの、前の「3」が帰ってこないため、そこをキッチリバルサに使われて、いいようにやられる。

攻めはカウンター以外見所は特になし。

デパイがスペースを使った動きが良かったのと、ヤングが相変わらず一芸で違いを作ったのが、さすが。

逆に、マタは攻撃では連携出来る味方がいない事と、守備がザルでヤバかったし、キャリックも使えるスペースが限定され、良いタイミングでパスが入りずらくなり、良さが半減。

続きは後ほど。

◼︎後半

前半の問題だった「3」に帰ってくるよう指示が出たのか、ちゃんと帰陣するようになり守備安定。

しかしながら、遅攻で狙って崩すほど連携が取れていないため、攻めの手詰まり感が半端ない。

ユナイテッドボール奪取→無理なパス→バルサボール→押し込む→以下ループ。で、ほぼバルサボールでやりたい放題は変わらず。

そうこうするうちに、11人交代でガチゲーム終了。

親善試合ムード満載で、残り30分はこれと言って見所のない…というのも、バルサ側の疲労もあり試合の強度が極端に落ちたため、この状態で戦術的にも個人的にも良い悪いを判断する意味がない試合になってしまいました。

ので、事実上、試合終了。

◼︎フォーメーション別考察

⚫︎4-2-3-1

2がシュナイデルランとシュバイニー、3が左からヤング、マタ、デパイのが良さそう。*4は共通のため割愛。

キャリックは上述の理由で、良さが半減。俗に言う「アンカー」ポジションを用意してあげたい。

フェライニはCHだとパス精度とポジショニング…要はサッカーIQが足りないので、CH起用は昨シーズン同様無理。

SHは定期的に物議を醸す、左ヤング、右バレンシアがおそらくベスト解答。

しかしながら、ヤング&バレンシアでは、超上位勢(レアル、バルサバイエルン)には勝てるイメージが全くないのは、古参のファンの皆様はご承知の通りです。

他では、トップ下エレーラ、右マタ、左デパイとか、現有戦力のトリッキーな組み合わせでも面白そうなので、色々試す価値はある。

…が、この組み合わせなら4-3-3のほうが活きる。

なので、これ(4-2-3-1)はオプションだと見てます。

⚫︎4-3-3

新加入選手をそのまま当てはめて活用出来るし、昨シーズン最高のサッカーをしたフォーメーション。

このフォーメーションを試さないのは、既にある程度計算が立つから。

シュバイニー←キャリックorCH

シュナイデルラン←フェライニ

デパイ←ヤングorマタ

ダルミアン←バレンシア

…で、昨シーズンよりクオリティ上がる事は確実。

一回見たい。笑

◼︎まとめ

硬質なプレミア対応の為の4-2-3-1オプションを追加し、試合によって使い分け…場合によっては試合中に選手交代→フォーメーション変更が出来たら、素晴らしいチームになりますね♪

4-2-3-1での選手の組み合わせはもっと色々試して欲しかったり。

間違いなくトップ下が最適なマタ、昨シーズン目覚ましい活躍を見せたエレーラ、左右WGで自在にやってきたデパイ辺りは、組み合わせ次第で化けそうなので、プレシーズンだからこそ出来る使い方を試して欲しいと思います。

逆にルーニーキャリック、ヤング、バレンシアは、安定した活躍を見込めるので、若干出番少な目でもいんじゃないかと。笑

さて、次のPSG戦がプレシーズンラスト。

選手のコンディションがまだ揃ってないように見えたので、ガチで勝ちに行くより4-2-3-1習得の為の時間として使って下さい。

…こう見ると、とんでもなく時間無い中で色々やってるんですな〜。

プレミアは4-3-3、CL予選は4-2-3-1とかって時間を稼いで、モノにして行って欲しいと思います。

PSG戦をお楽しみに♪