欧州サッカー戦術&考察!

昔スポナビで運営してたブログサービスの引継いだブログ。ちなみにstramacioniは向こうでのユーザーネームです。

シンプルこそ至高。

リーグ戦お休みなので、ネタ出し。

■ピッチバランス

エバートンが素晴らしすぎでした。

攻撃する時に、幅広くピッチを使えたほうがチャンスを作りやすいよね!

…っつー事を、素晴らしく感じたリヴァプール戦でした。

基本

これ

ルカクに真ん中で張ってもらう事を基準とし…

1、下がってきたらネイスミスらSHが追い越す。

2、SHにボールが入ったら、前に行く。

3、サイドに流れるのは、SHを見てから。

とし、結果動いた形はこれ

素晴らしいピッチバランス。

で、状況別にさらに分割。

ルカクとSHの位置関係で、カウンターに行けそうならこれ

無理ならこれ

で、次の段階に移ります。

基本はルカクネイスミス、デウロフェウは真っ直ぐ上がっていき、SHにボールが入った場合はこの動き

で、攻め手を広げます。

どん詰まった場合はボールを下げても

からの展開を狙えます。

以下この繰り返しと、ルカクと逆SHとのポジションチェンジ+バークリーの絡みで

バリエーションを付けて行きます。

ポイントは、ピッチの幅を担保するためのSHとSBの動きで、ここが整理されていないと簡単に手詰まりになります。

後半のレノン起用時には、中にルカクがいるのにカットインしすぎて、幅を広げる事が出来なくなって手詰まっていました。

これはユナイテッドのマタ起用時も同じで、ポジション被ってまで中に入ってきてもあまり有効ではありません。

右サイドにいれば

が可能なのに、いない場合は

となります。

打てる手が1手減って、中央が人数過多になったのがお分かりいただけるかと。

この辺りの整理が出来ていないリヴァプール、ユナイテッドは単発(個人能力)でゴールを奪うしかなく、観ていて楽しくないサッカーになっています。

凝りすぎだったロジャースさんは去り、クロップさんにはシンプルなサッカーをして欲しいと思います。

ユナイテッドは、おそらくファン・ハールさんは気づいているはず(昨シーズン頭の3バック時も似たような感じだった)なので、昨シーズンの433に戻すか、バレンシアをSHに上げ、ブリントをSBに配した451にしてくるでしょう。

とにかくエヴァートンは素晴らしいサッカーをしていました!

あのくらい戦術はシンプルに、練られたポジショニングをしてるサッカーを上位陣にも魅せてもらいたいものです♪