欧州サッカー戦術&考察!

昔スポナビで運営してたブログサービスの引継いだブログ。ちなみにstramacioniは向こうでのユーザーネームです。

サッカーにおける「コミュニケーション」とは?

ずっと不思議だったモノを、一度整理してみようという試み。

そこに至る前提から。

■競技スポーツにおける優先順位。

ここをご覧の皆様は、チームスポーツのご経験がある方も多いかと思います。

そしてそうならば、「勝ちたい試合」というモノもあったと思います。

その時を思い出していただきたい。

その「勝ちたい試合」で、パスを渡したい選手は誰だったか?を。

もちろん、チームメイトとの絆はありますし、積み重ねてきたモノもあります。

では言い換えます。

「ここ一番でパスを出したい選手は誰だったか?」

ムカつくチームメイトであろうとも、実力が確かな奴であった場合どうしたでしょう?

ここにポイントがあると思うわけです。

■コミュニケーション

非言語コミュニケーションが9割、話の内容が1割と言われる「メラビアンの法則」。

割合は…

言語情報(話の内容など):7%

聴覚情報(声のトーンや話の早さなど):38%

視覚情報(見た目など):55%

と言われます。

元々コミュニケーションというのは「異性間」で重要なモノとされ、発展してきたと言われています。

「キスしていい?」と聞く事が無粋であるように、相手の「目」「態度」を見ながら、言語外でのアクションと観察を通じて、そこに至るまでの確認を行う訳です。

●言語

一方のコミュニケーションの代表格として言われる「言語」。

こちらは「定義」を起源とする、「学問」であります。

例えば、今、普通にお伝えしている「サッカー」。

一個のボールを足だけを使って蹴りあい、フィールドは100mで両端にゴールがあって…などと説明しなくても共通のモノを思い浮かべる事が出来ます。

これを言語外コミュニケーションで詳細に伝えようとするならば、膨大な手間と時間がかかってしまいます。

もう一例として「ボールポゼッション率」。

全部で100%とし、時間をチーム割っているから、どちらが優勢か分かるようになる訳です。

このような「定義」を積み重ねて、倫理的思考を可能にするモノが「言語」です。

■サッカーの「コミュニケーション」。

1、選手間

筆者としては、「非言語コミュニケーション」が全てだと思う訳です。

「どういう動きをしたいか?」「どういうボールが欲しいか?」と伝えたところで、「で、ボール持ったらお前何できんの?」という所がメインであり、全てです。

その「何が出来るか?」が認められれば、パスも来るし、周りが動いてくれます。

言語での信頼がいくらあろうと、パフォーマンスの信頼が無ければ意味がないだろうと思う訳です。

2、監督間

こちらは「言語」が重要になります。

と言うのも「監督が言う事」というのは、「戦術」もしくは「個人プレーの改善方法」であり、体系立てて説明される「学問」に他ならないからです。

監督の意図や狙いを理解し、チーム全体としてのパフォーマンスを上げるために、自分がやる事を整理する必要があります。

いくら「ボール持ったらやりますよ!」と言っても、ロナウドやメッシクラスの説得力がなければ自由は許されません。

そのため、監督自身が「言語が喋れない」という場合はハンデになります。

その場合は視覚的な説明(ボード等)を多くして伝える必要があります。

■つまり?

監督間では「言語コミュニケーション」をする必要があるが、選手間では必ずしも必要ない、という事です。

もちろん、日常生活の不便だったり、プライベートで遊びに行く仲間が限定されたりなどはありますが、通訳が付くなら行く前から流暢に喋れる必要はないんじゃないか?と思います。

喋れる事よりも、いつでも自身の実力を確実に証明出来る「メンタル」と「集中力」を鍛える事。

そして、わからない事は通訳を伴ってすぐに確認に行く「やる気」があれば、どこに行っても通用すると思います。

■まとめ

監督の「言語」を理解して、チームメイトと「非言語を通じて」信頼を得ようというお話しでした。

もちろん、「喋れる」事による不利益は何もないので、喋れるにこした事はありません。

メジャーリーグで活躍する日本人選手には、話せない選手も一杯います。

香川はドルトムント移籍後の最初の練習でパスが集まってきた、という有名なお話しがあります。

必要なのは何なのか?

考えて行きましょう。