スポーツ好きの考察。欧州サッカー&NBA。

昔スポナビで運営してたブログサービスの引継いだブログ。ちなみにstramacioniは向こうでのユーザーネームです。

サッカーの「戦術」ってなに?

 

「意味のないモノ」

もちろんこれには理由がある。

 

◾︎戦術の基礎項目

⚫︎攻撃

1、サイド攻撃

2、中央突破

 

⚫︎守備

1、ゾーンディフェンス

2、マンツーマンディフェンス

 

⚫︎守→攻

1、カウンター

2、ショートカウンター

 

⚫︎全体戦術

1、ポゼッション重視

2、カウンター重視

がある。

 

◾︎全チーム、全部出来る

どれが出来てどれが出来ないなんて事はない。

ネイマールがいるからシュートカウンターにしようとか、そういう時代でもない。

 

なんせ、歴代監督らで話題になったのが「日本人は規律を守りすぎる」。

規律を守ってこそ「基礎が出来上がる」のに、「守りすぎる」という要望が出る。

意味不明。

つまり、戦術というのは「基礎的な動き」であって、勝敗を分けるものではないという事。

では、何が勝敗を分けるのか?

 

◾︎個人の力と運

例えば、上手くカウンターがハマって、FW対GKが一対一になったとしよう。

その場合、FWが岡崎なのかメッシなのか?

GKが川島なのかノイアーなのか?

「これが全て」。

 

もう一つ。

深い位置から速いクロスボールを入れたとしよう。

誰に当たるのか?

もしくは「どこに転がるのか?」

それは「分からない」のだ。

これは、能力を越えた「運要素」であって、100回クロスを入れたら1〜2回はゴールになる。

その1回目が、1回目のクロスで来たら一点になる。

 

⚫︎交代選手の活躍も「運の一つ」

狙い通りとは言うが「後付け」。

バテてる時に足の速い選手を入れるなんざ「小学生でも思いつく」。

特別な事は何もなく、疲れた選手、コンディションが悪い選手を交代していくに過ぎない。

もしくは、古巣相手で、よく知ってる選手とのマッチアップになるかどうか?

*予想外が起きにくくなる。

 

◾︎つまり?

戦術なんざ「無意味」。

全部、後付け。

 

*例外

グアルディオラビエルサだけは「特殊な事をしてる」。

独特のやり方をしていて「別のサッカー言語を使う」と言われる。

色々な識者が解説を試みているので、ググって見て欲しい。

…ぶっちゃけ言うと、筆者は「よく分からん」。

個人的には「サッカーの即興さが好き」で、上記の通り運ゲーだと思ってる。

そんな中で勝ててるって事は、何かがあるんだろう。

 

そんなヒキでまとめ。