欧州サッカー戦術&考察!

昔スポナビで運営してたブログサービスの引継いだブログ。ちなみにstramacioniは向こうでのユーザーネームです。

夏の移籍を前に。選手って取ってみないと分からないよね。

 

選手は「取ってみないと分からない」。

この「ごく当たり前な事」が忘れ去られてるのがサッカー界の面白さ。

超絶基本を抑えておこう。

 

◾︎選手がハマるかどうか?

今年のパリでのネイマールとか。

「やってみないと分かんない」のよ。

んで、複雑にしてるのは「3者の関係」。

 

◾︎3者

1、オーナー

ネームバリュー&監督の以降を反映させる人。

金出すのは「この人」だから、基礎の選択肢はこの方が決める。

監督が信頼されてれば無名の選手でも獲ってくる。

「フロント」と言われる方々の事。

 

2、選手

選手同士の連携。

ネイマールカバーニのPKを奪い取ったような事すりゃどうなるか?って話し。

「選手間の信頼」。

技術面の相性もさておき、性格的な相性もあり。

コービー&シャックとかね。

プレーは凄いけど、性格面では相容れない事もあり得る。

 

3、ファン

チームを勝たせてくれる選手が好き…って訳でもないのが面白いところ。

まさに「好み」。

お国柄もチーム事情もある。

バートンがやけにマルセイユでハマったりとか、土地柄もある。

まさに「行ってみないと分からない」という。

コミュ力世界最強の「長友さん」は、トルコでも瞬殺で馴染んだ。

監督にも、チームメイトにも。

さすがすぎる。

 

◾︎結果「行ってみないと分からない」

この辺りが「若手が高い理由」かもしれない。

U23の有名選手か、U26までの無名選手。

特にイメージが付いてなくて、馴染む時間が取れる。

もし馴染めなくても次の売り先がある。

 

◾︎移籍はめっちゃ難しい

最終的にこれ。

プロサッカー選手の現役で入れる年数は「15年」程度。

*19〜35歳辺りを想定。

4年毎に変えても4チーム。

毎年変えても15チームしか経験できない。

そこで「ハマる場所」を見つけて、居場所を獲得しプレーする。

長友さんみたいに、色々噛み合ってるけどプレー機会は潤沢じゃない(インテル時代)とか、ネイマールみたいにプレー機会は保証されてるが嫌われまくりとか、色々起こる。

 

「選手は人間である」って事と、それに付随した問題ってのは付いて回る。

厳しい世界だわ。

 

◾︎失敗した後の選択も自分次第

転職活動的な。

結局、自分には何ができて、何ができないのか?

何が好きで、何が嫌いなのか?

何がしたくて、何がしたくないのか?

ってのを詰めていくしかない。

20代で、しかもあの喧騒の中で、それをやってか〜。

まあネイマールみたいになってもおかしくないよね、と。

 

◾︎まとめ

移籍は「難しい」。

これを前提として移籍市場を見ると、少し視点が変わるのではないか?と。

わーわー騒ぎつつ、それを横目で見る冷静さも持ちましょう。