欧州サッカー戦術&考察!

昔スポナビで運営してたブログサービスの引継いだブログ。ちなみにstramacioniは向こうでのユーザーネームです。

新世代(柴崎、乾、大迫)の衝撃。

 

動き出しに意図があるかどうか?

ボールタッチの「先のビジョン」がある。

簡単に言うと「上手い」。

 

◾︎新世代はボールを持った後の動きまで想定してる

パスを受けたら右にスペースがあるからそっちにドリブルしよう、左に長友が走ってフリーだから右フェイク入れてスペースを空けてパスを出そう、前にスペースがないから一歩下がろう、など。

なぜこれが出来るのか?と言えば「空間把握能力」。

 

⚫︎空間把握能力

1、相手とのスペースがどれくらいあるか?

これが把握できると、DFとの空間を利用してドリブルしたり、パスコースが空いてるか確認できたりする。

要するに「ワンタッチめが変わる」。

相手DFとの距離を鑑みて、ボールをどこに置くか?を決められる。

 

2、味方がどこにいて、どう動くか?

長友が左にいたとする。

自分が寄って行く動きをすると長友は前に行くかもしれないし、止まるかもしれない。

*相手DFの有無やスペースの状況によって常に変動する。

それを「合わせられる」。

合わせられるという事は「使わないということもできる」。

長友が走ったのを囮にして前に行く事もできるし、走らないと見せかけて走ったりする事も可能になる。

 

3、相手DFがどう動くか?

相手右SBは長友を見てる、右CHが自分をチェックしてるという場合。

この場合は「対面のDFだけ注意すればいい」。

しかもその上で、右サイドに向かって抜けば「長友についてるDFが100%カバーに来る」。

そのタイミングで長友にパスを出せばいい。

んで、それを警戒して「外シフト」になってたら、内側に抜けばいい。

その辺りの判断が秀逸。

 

◾︎全体を見れてるのはこの3人

1、柴崎

和製イニエスタ

遠藤の後継者。

見所は「ワンタッチめ」。

どうトラップし、どうボールを収め、どういうパスが出るのか?

絶対にDFが触れない位置にボールを置き、パスを通すためのスペースを作るためにドリブルし、とんでもない縦パスが出る。

完全なる天才。

日本最高峰。

バルサでもプレーできる唯一の日本人。

 

2、乾

和製アザール

これも「ワンタッチめ」。

柴崎と同じでDFが触れないところにボールを置くんだが、違いは次にある。

どこにドリブルするのか?

ゴールに向かってドリブルする。

これができるのはメッシやアザールなどの一握りだけ。

世界レベルのドリブラー

 

3、大迫

効果的。

同じく「DFが触れない場所にボールを置く」。

その上でDFと入れ替わる技術が秀逸。

あれは教えてできるもんじゃない。

その上で足は速いし身体は強い。

しばらくCFは安泰。

 

◾︎スペインやドイツで活躍してるのは偶然じゃない

特にスペイン勢2人。

*柴崎、乾

ボールの取り捨て選択がヤバい。

*いい意味で。

ついにこのレベルの選手を見れるようになったかというレベル。

俗に言う「賢い選手」。

その上で走れるんだから凄まじい。

 

◾︎まとめ

新世代に注目しましょう。

ちょっとレベルが違う。

日本サッカー界、ちゃんとレベル上がってますんで心配いらないです。

この3人のプレーを楽しみましょう♪