欧州サッカー戦術&考察!

昔スポナビで運営してたブログサービスの引継いだブログ。ちなみにstramacioniは向こうでのユーザーネームです。

日本代表の攻撃、改善ポイント整理。

 

羅列する。

 

◾︎もっと良くなるためのポイント

1、柴崎が後ろから組み立てる

キャリックやシャビアロンソのイメージ。

攻めの第1選択肢を担う。

CBからのボールを引き出したり、前が詰まった時に「柴崎を経由する事で」攻撃に移る。

 

2、右サイドも組み立てに参加する

原口の役割がハッキリしてない。

降りてきてボールを引き出すのか、スペースを狙うのか?

降りてきてボールを引き出せれば酒井との連携も深められるし、香川が前に行く時間も作れる。

起点を1つ増やす意味で、ボールをもらいに降りてきて欲しい。

 

3、乾をもっと活かす

アザール的なプレーが理想。

前線の高い位置で預けてお任せコース。

ドリブル上手い、パス上手い、シュート上手いで、柴崎と共にもっと攻撃を担わせたいお方。

よって「負担を軽減する」。

現在では守備にも走りまくってて、攻守に役割過剰。

柴崎をホール起用して、長谷部をお守りにつければ負担軽減可能。

もっと輝ける。

 

4、香川にも組み立てに参加してもらう

香川さん「前に行きたがる」。

時に大迫と被るほどに。

そこが活きるの分かるんだけど、そこにいると「密集地帯ができちゃう」。

大迫のスペースが消えるし、そもそも「縦パスは難しい」んで、香川にパスを通すための負担がデカすぎる。

香川が降りてきてくれれば「ノーリスクでボールを渡せる」。

んで、乾を経由したり、原口を経由したりで「選択肢が増える」。

そうすれば香川も前に上がって行く時間が作れるから、今以上に活きる事が可能。

 

以上!

 

◾︎総じて

中盤の組み立てを整理したい。

日本の前線は「極めて優秀」。

乾、香川、原口が起点となれる。

にも関わらず、柴崎がそこに絡んでるから「供給過剰」。

よって、柴崎をもっと引いた位置(CBのすぐ前くらい)に配置し「ボールにいっぱい触らせる」。

その分、パスのクオリティが上がるからチャンスの数が増える。

次に中盤3人の役割を整理する。

原口と香川で柴崎からのボールを引き出し、キープする。

ここで乾をフリーにしておく。

乾はもうちょい高い位置でフィニッシュワークに絡む仕事に専念してもらう。

そうする事で長友が上がってくる時間も稼げるし、左サイドの連携が今より上がる。

香川が下がる事によって、大迫周辺のスペースが空くから、大迫得意のDFを背負ったポストプレーの機会も増える。

これで役割が整理された。

 

次の試合でどうなるか?

期待してます♪