スポーツ好きの考察。欧州サッカー&NBA。

昔スポナビで運営してたブログサービスの引継いだブログ。ちなみにstramacioniは向こうでのユーザーネームです。

PG(ポイントガード)は「パスが主体の方が良い理由」。

 

得点が取れるPGがいいってのは、NBA式でよく言われる。

本当か?

 

◾︎パサーポイントガードが良い理由

1、配球

誰にパスを出すのか?

凄く簡単に言うと、良い状態でシュートを撃つために誰にパスを出すのか?

NBAでミソッカスなんざいない。

皆んなシュートが上手い。

なもんで、ドフリーの状況さえ作れれば誰でも何処からでも決められる。

ジョーダンが個人技で50点獲るのと、フリーな味方を使って1人頭10点ずつ獲るのとは同じ50点でしかない。

しかしながら、ジョーダンの調子で試合が決まるより、チームメイトの全員に分散してる分「安定する」。

結果「勝つためにはパスが配球された方がいい」。

 

2、それを盾に他の選択肢が活きる

パサー型ポイントガードが何もできないか?ってーと、んなわけない。

基本的にドライブは得意だし、フリーなら3ポイントシュートも決められるタイプが多い。

ポイントはフリーで持った時に「動きながらフリーの味方を作る事ができる」事。

ドライブしてって、ヘルプが来ればそこで空いた味方にパスをする。

来なければそのままシュートを決める。

スクリーンを使いながらピック&ロールで味方を使う、などなどの方法がある。

自分で行くしかないウエストブルックのようなタイプでは「突っ込むしかない」。

ロンドやシモンズのようなパサータイプであれば、「味方を活かしながら自分も活きる事ができる」。

結果、「自分も人も活きる」。

 

3、配球が来ると分かれば動く

シモンズがドライブしていったとしよう。

あわよくフリーになれば必ずパスが来る。

エストブルックがドライブしていったとしよう。

あわよくフリーになっても大半は自分で撃つ。

即ちほとんどパスが来ない。

さて、あなたがパスの受け手だったとしたら「どっちの方が献身的に動こうとするだろうか?」。

聞くまでもないよな。

結果「グループとしての機能性が上がる」。

 

◾︎チームとして成り立たせるために「パサー型ポイントガードが必要」

パサー型ポイントガードが「配球」し、それを盾に「自分でも点を獲り」、さらにそれを警戒した相手を使って「フリーな味方を作る」。

もっともボールに触るからこそ、もっとも味方を活かす事を考える必要がある。

そのための「パス」であり、「パスがあった上での」シュートになる。

まずシュートではなく、まずは「パス」

自分が輝くことよりも、味方と一緒に輝く。

これこそが真のポイントガード

 

◾︎現役トップ3

1、カリー

言わずと知れた「3Pシュート」。

しかしながらそれ以上に、パスが上手く、ドライブ上手い事。

自分が最多得点じゃないのに勝つ試合の方が多い。

*平均得点は25だが、18シーズンはもっと低い。

自分がいい形で撃てるなら撃つけど、そこにこだわりはないってのが、現役ナンバーワンたる所以。

 

2、シモンズ

カリーとは逆に「外のシュートがない」。

むしろ完全に割り切ってて、外で持った場合は「ドライブ」か「パス」しかない。

だからこそ、周りと一緒に崩す必要がある。

その結果、味方を使うのが非常に上手く、ちょっとでもDFが空くと一級品のドライブで点が取れる。

自分で得点力がないわけじゃない(15得点くらい)が、パスで味方を使う方が優先順位が高い。

チームメイトに、エンビート、バトラー、レディック、マスカーラ、シャメットなどのシューターが揃ってる関係もあって、尚の事活きる。

76ersが面白い所以はこの人がいるから。

 

3、ドンチッチ

マーベリックスの星。

基礎がしっかりしてるっつーか、頭おかしい。

独力で点を取れる上にパスも出せる。

スリーポイントも、ドライブも、パスも、全てが高水準。

ちょっと本気で凄まじい。

見てて楽しいどころじゃない。

しばらくNBAで名前を聞き続けることになるプレーヤー。

 

◾︎まとめ

パサー型ポイントガードチームを成り立たせるために必須。

ハーデンが勝てず、歴史上アイバーソンですら勝てなかったのはその辺が理由。

自分が活きるために周りを我慢させてる。

良いポイントガードは、周りを気持ち良くプレーさせながら自分も活きる。

カリーやシモンズがまさにそれ。

エストブルック、ジョンウォールなんかは周りを我慢させる。

これだと勝てない。

得点がなによりも重要だと思うのは素人考えであり、もっと深い視点から見ればチームケミストリーを上げてくれるポイントガードの存在は必須だと分かる。

一番多くボールに触るだけに、もっとも献身的で効率的なプレーを選択できる必要がある。

自分が行くのをファーストオプションにしてる自己中では、チームで勝つ事ができない。

「見たまんま」なんだ実際。

なもんで、味方も自分も活かせるポイントガードに注目していきましょう♪