スポーツ好きの考察。欧州サッカー&NBA。

昔スポナビで運営してたブログサービスの引継いだブログ。ちなみにstramacioniは向こうでのユーザーネームです。

NBAでなんとなく「柔らかいチーム」と「堅いチーム」

 

明確なモノはないが、自分が見て「なんか柔らかいチーム」と「堅いチーム」があったんで書いてみる。

 

◾︎好調だが柔らかいチーム

1、ラプターズ

なんか安定してるのに付け入る隙がありそうな感じ。

特にインサイドが強いわけでもなく、スリーが強いわけでもないし、特筆して連携がいいわけでもない。

バランス良くレナードにおんぶに抱っこで勝ってる印象。

 

2、セルティック

ノると最強。

ゴリゴリやられると最弱。

スリーポイントを得点のメインに据え、ウォーリアーズと似たような思想で構成された非常に今っぽいチーム。

しかしながら、ゴリ押しに弱い。

バックスやレイカーズ…と言うか、アデトクンボやレブロンをどうやって止めんの?という。

上手くいなしてアービングが調子いい時は勝てるけど、それ以外は勝てないって感じの印象。

 

3、ブレイザーズ

ガードの二枚看板がメイン。

こっちは守りが不安。

スリーポイント特化のチームか、インサイドが強いチームとやって勝ち越せるイメージが湧かない。

レギュラーシーズンは「比較的緩い」けど、プレイオフで一切の出し惜しみなしになった時についていけるのか?という。

 

4、ナゲッツ

全てはヨキッチんとこ。

アダムスにボコボコにされ、反面アシストしまくりだったサンダー戦が全て。

ヨキッチ次第。

 

◾︎順位が悪くても堅いチーム

1、ジャズ

得点はインサイドのミッチェル+ゴベアのコンビと、外のイングルス+コーバーのコンビで完結。

守備はオールランダーのクラウダーと、インサイドの圧倒的な存在であるゴベアがいる。

さらにフェイバースもいる。

パスはルビオとイングルスから完璧に供給される。

見てて「凄く安定感がある」。

爆発力はないが、着実に点を取っていけるチーム。

 

2、スパーズ

デローザンとオルドリッチも凄いが、なんせセカンドユニットがヤバい。

ミルズ、ベリネリ、ベルターンス、カニンガム、ホワイト、フォーブスなど、ファーストユニットでそのまま使える人材が目白押し。

誰が出ても、どの時間からでも安定して得点が獲れる。

しかも、また皆んな精度が高いっていう。

無理目なプレー選択をするのはデローザンくらいで、あとは着実に確実に得点を獲れるプレーを選択する。

ジャズと同じで爆発力はないが、観ててガチで面白い。

 

3、サンダー

ゴリ押しインサイド最強。

エストブルック、シュルーダーで刻みまくり、アダムスで仕上げ。

遠くからはポールジョージもいる。

個人に大きく依存してるんで安定感がないが、ハマる試合はゴリゴリ点を取っていく。

非常に硬質なチーム。

 

4、バックス

インサイドゴリゴリ。

分かっててても止められないアデトクンボと、ブログドン+ブレッドソーのゴリ押しメンバーが秀逸。

半端になんでもできる(褒め言葉)ブルック・ロペスもいて、非常に面白いチーム。

セルティックスとかウォーリアーズはスリーポイントを主体として、広がって空いたインサイドを攻める。

バックスは逆でインサイドを基点として、収縮して空いた外からスリーポイントを放つ。

この昔ながらのバランスが非常に面白い。

 

◾︎ちょっと気になるチーム

1、クリッパーズ

エース不在故の面白さ。

精神的支柱みたいのがなく、皆んなでやろうっていう一丸さが安定感になってる。

なんせセカンドユニットの方が得点力があるっていう。

*ベンチポイント50点越え。

個人的にルー・ウイリアムズが素晴らしい。

パス、シュートレンジ、判断力全てに隙がない。

面白いチーム。

 

2、76ers

若手の特化っぷりがヤバい。

なんでも出来てフィジカル最強のエンビードと、今季4.2m以上の距離からのシュートを撃ってないというシモンズのコンビ。

こういう自分の強みを分かり過ぎてるっていう若手が面白すぎる。

そこを、マルチロールなシューターであるレディック、チャンドラー、シャメット、コルクマズ、熱いプレーヤーであるマッコネル、オフェンスからディフェンスまでなんでもありなバトラーが支える構成。

攻撃は若手の出来次第なんだが、守備に全力を出すメンバーが集まってるんで、結果的に堅いチームになってる。

エンビード+シモンズの成長次第だが、非常に面白いチーム。

 

3、マーベリックス

なにしろドンチッチ。

なんすかあの人。

掛け値無しの天才。

パスの判断とシュートセレクションがヤバすぎ。

あとDFのタイミングを外す技術が高すぎ。

メッシですかあなた?ってレベル。

あれは教えてできるもんじゃない。

これだけでも見る価値がある。

 

◾︎まとめの雑感

個人的には堅いチームがプレイオフでどこまで進めるか?ってのが気になるところ。

柔らかいチームって、ある種理想を追いかけてるように映るのよ。

確かに理論上はスリーポイントが一定以上の数値を越えれば勝てる。

しかしながら、現実はアデトクンボやレブロンが止まらない。

止まらないからキックアウト(インサイドを盛大に攻めて外にパスする事)から得点が入る。

バスケットボールで最も効率がいいのはインサイドでの得点なのよ。

ここを無視して勝てるウォーリアーズは、史上最高のシューターが2人いるのね。

*カリーとトンプソン。デュラント加入前に優勝してて、スリーポイント時代を作ったのはこの二人。

歴史上でも上位に入る二人がいるからスリーポイント構成なのであって、他のチームが形だけ真似をしても、得点効率で勝るインサイドを蹂躙されたら勝てないのね。

その辺どうなのかな〜ってのが、今期のプレイオフで見れたらいいなと。

そんな感じのまとめで終わり。