スポーツ好きの考察。欧州サッカー&NBA。

昔スポナビで運営してたブログサービスの引継いだブログ。ちなみにstramacioniは向こうでのユーザーネームです。

サッカー選手って、身体ダルダルなやついるよね。

アップで2km走って、全力スキップ100回、全力サイドジャンプ100回、サイドステップ切り返し100回をやったら合計で40分かかって、おまけに膝がちょっとヤバイstramaccioniですこんにちは♪

お題は「体脂肪率」。

これね〜明確に「努力の差が出る」んですよ。

他と比較しねえと分かんねえと思うんで、色々なデータを貼っていくよ。

◾︎サッカー選手(日本代表国内組)の体脂肪率って高すぎるよね?の比較データ

1、NBA

college hopes 様

http://college-hoops-japan.blogspot.jp/2016/11/body-of-nba-players.html?m=1

2016年ドラフトコンバイン参加選手の平均身長、体重、体脂肪率

ポジション 平均身長 平均体重 平均体脂肪率

PG 184.96cm 82.14kg 4.90%

SG 193.58cm 92.07kg 6.69%

SF 199.02cm 97.26kg 7.40%

PF 204.31cm 103.96kg 8.48%

C 209.97cm 108.41kg 8.33%

全体 197.70cm 96.43kg

2、一般人

私の体脂肪は13〜15%です。

家庭用なので、実際はもう少し高いかと思います。

トレーニングメニューは、ダンベル40kgをもって…

1、ランジ10回×3セット

2、サイドランジ10回×3セット

3、ダンベルクリーン5回×3セット

4、デッドリフト10回×3セット

5、その他細々

を、週2回とバスケを週2回です。

たったこれだけしかしてない一般人と、トッププロ選手の体脂肪が似たような数値って事はないよね〜。

3、クリスティアーノ・ロナウド

正確な数値はありませんでしたが7%前後だそうで。

NBAに近い値ですな。

4、三代目J soul brothersと親グループ

10%切ってます。

「10%越えるとデブ」という有名なセリフがあるように、トップパフォーマーはアスリートと同じです。

コンサート直前にパンプアップ(軽い筋トレをすると筋肉が盛り上がる)させてから臨む、というプロ意識の高さ。

*ボディビルダーがステージに上がる前に同様の方法を取る。

5、バレリーノ

女性ですが、13〜17%だそうで。

女性と男性との体脂肪差は「5%〜10%が平均的」です。

なので、男性基準に直すと、下限が3%〜7%〜上限が7%〜12%です。

◾︎そしてハリルホジッチ

まずデータを「Qoly」様から引用させていただく。

⚫︎日本代表の体脂肪率をおさらい

まずは、今回の(2015年4月当時の)日本代表の体脂肪率をおさらいしよう。

GK:権田(11.3)、西川(11.4)、東口(12.0)、川島(13.4)

DF:藤春(8.5)、水本(10.9)、酒井高(11.1)、内田(11.3)、酒井宏(11.6)、槙野(11.7)、森重(12.5)、吉田(12.7)、昌子(13.0)、太田(15.2)

MF:香川(10.4)、青山(10.4)、長谷部(10.6)、今野(11.2)、清武(11.8)、柴崎(11.8)、山口(11.9)

FW: 本田(6.5)、大迫(7.2)、武藤(8.3)、永井(9.3)、川又(9.9)、岡崎(10.9)、宇佐美(14.1)、興梠(16.4)

単位は全て%

ポジションごとに見てみるとGK12.0%、DF11.9%、MF11.2%、FW10.3%が平均値となっている。また、海外組の平均は10.7%とJリーグ組11.7%と1%近い開きがあった。

プレミアリーグのケース

では、世界最高峰と呼ばれるプレミアリーグはどうなのだろうか?

L.サットン(2009年)によるとコーカソイド(白人)の選手達は10.7%平均(+-1.8%)、コーカソイド以外の選手達は9.2%平均(+-2%)だという。

リヴァプールのJ.ミルソム(2015年)らが記した論文によると年齢と共に体脂肪率は下がっていきU-18チームの平均は11.4%(+-2.6%)、U-21チームは11.6%(+-2.5%)、トップチームは(10%+-1.6%)だったという。こちらは人種がごちゃまぜであるが上記の白人平均10.7%とそれ以外の9.2%を平均した値でほとんど一致している。また、太っているグループの割合はどの年代も変わらなかったという。

◾︎再びハリルホジッチさん

「今回、ハリルホジッチのリストでは体脂肪率11%台後半を黄色、12%以上を赤色として警笛を鳴らした。」

https://qoly.jp/2015/04/17/body-fat-and-footballer(Qoly様)

NBAは10%どころか、平均約7%だけどね。

おかしいなあ。

曰く「海外組は問題ない」。

…ですよね。

◾︎まとめ

今年、中田翔選手は痩せてましたね。

去年、大谷翔平選手は凄いトレーニングしてましたね。

ステフォン・カリーは7%、レブロン・ジェームズは5%だとか。

本田さん「6.5%」は凄すぎです。

努力半端ないです。

長友選手が3%とかいう説がありましたが、これは生命維持活動に必要な体脂肪率を切ります。

トップボディビルダーの大会用の身体が体脂肪率3〜5%です。

これで運動すると支障をきたし、パフォーマンスが上がりません。

とはいえ、10%を超えてる事はまずないでしょう。

身体だけでパフォーマンスを図る事は出来ませんが、少なくとも「努力量が見える」効果はあります。

何人かは明確に「ダルダルな身体」だよね。

ま、そいつの限界はそこだったという事で。