スポーツ好きの考察。欧州サッカー&NBA。

昔スポナビで運営してたブログサービスの引継いだブログ。ちなみにstramacioniは向こうでのユーザーネームです。

FFP終了。

まあ、さ。

元々言われてたじゃない?

ネイマールが完璧に壊して終了。

◾︎問題点

1、オーナーの息のかかった参加企業からのスポンサー契約

金を一度子会社に落とし、そこからクラブに還元させる。

つまり「水増し」。

頭を使おう。

2、クラブ間格差が埋まってない

レアルマドリーの年間予算と、レアルソシエダの年間予算は「どう考えても公平ではない」。

ソシエダが育成成功しても100億程度で引き抜かれる。

マドリーなんかは、100億程度「一年で取り戻せる」からね。

金のあるとこに人が集まる。

バブル期もそうだし、一時期のドバイもそう。

もう埋める気もないんだろう。

3、救済の制度がない

例えばNBAは、ドラフト順序が「年間順位で決まる」。

最下位チームがドラフト一位氏名権を手に入れる。

将来の「最有望選手」を手に入れられるワケだ。

そこで育成してもいいし、ある程度育った所で戦力となる中堅(複数)と差し替えてもいい。

変な話「今年のドラフトにメッシがいるぞ」ってなったとして、獲れるのは「ドラフト一位氏名権を持つチーム」なんだよ。

予算はチームによって格差がある(ホームの都市規模でファンの人数が変わる)。

…が、「ドラフトで獲ったメッシを中心に一発狙い」という鬼戦略が可能になる。

実際可能かどうかは「オーナーの知力次第」ではある。

救いのない欧州サッカーよりもだいぶマシじゃない?

◾︎余談

さすがに200億越えを払うとは思ってもいなかった。

コストパフォーマンス悪すぎでしょう。

スペインで事業でも進めてて、税金という名の「献金」で「何かを通そう」ってんなら納得出来るんだけど。

結果としてお金は帰ってくるワケだし。

もしくはブラジルでしたい事がある、とか。

*ペレス方式。

ただ勝つためだけに200億以上は…。

各種税金で倍として400億越え。

数兆円持ってるとはいえ、金持ちはそこまでバ○じゃない。

色々出てくる情報も楽しみましょう♪

◾︎まとめ

穴だらけのFFPは「終了」しました。

上の説明もそうだし、ユナイテッドとかマドリーは200億を「FFPに抵触せずに払える」。

もう無駄だって。

移籍金上限が、トップクラブの年間予算から見ると「安い」レベルになっちまった。

石油マネーには無力、トップクラブには無意味と「お飾りの制度」。

金持ち父さん貧乏父さんの「九十対十の法則」のまんまやん。

「富は上位10%に集中している」。

そして欧州は、歴史的にも上位10%を規制する気がない。

*貴族文化的なやつ。

文句を言うよりも10%側になるべく、精進して行きましょう♪

とりあえず「FFPは終わった」。

ありがとうございました。