スポーツ好きの考察。欧州サッカー&NBA。

昔スポナビで運営してたブログサービスの引継いだブログ。ちなみにstramacioniは向こうでのユーザーネームです。

サッカーの次の課題は「いかに走らないか」。スタミナは無限じゃねえんだよ。

 

戦術的に「仕方なく走る」量を「減らす」事。

なんせ人間が走れる量は「限られてる」。

その1試合で全てが終わる訳ではなく、次の試合もある。

「ここ一発の勝負で勝つ」ためにも、走量のコントロールは必須。

 

◾︎全力で動くとどうなるか?

全快まで2日〜1週間かかる。

いわゆる「筋トレがいい例」。

同じ筋肉を使うのは、週に2回までしかない。

トップボディビルダーなんかは週に一回。

*脚の日、胸の日、背中の日、肩の日を各1日。

スポーツの試合は「全身トレーニング」で、かつ「同じ筋肉を使う」。

どれくらい消耗するか想像がつくだろう。

 

*余談

フルマラソンは全快までに「3ヶ月かかる」と言われる。

体内のホルモンの値が戻るまでにかかる日数。

フルマラソンほど走りっぱなしではないが、それなりの距離を走る競技は凄まじく負担がかかる。

 

◾︎走れという「無茶振り」

簡単に言うと「全力ダッシュした後に正確なキックができるか?」という事。

大体、20〜30mが限界。

しかも1試合で10回もあれば同じ速度は出なくなる。

それと別で、10kmランニングした後で強いキックができるか?

*サッカー選手は1試合で約12km走る。

これも「難しい」。

正確なプレーをするために「いかに走らないか?」が重要なのがお分かりになると思う。

 

◾︎正確なポジショニングで走る距離は減らせる

10kmくらいにはなる。

それプラス、正確なポジショニングをしていれば「短距離ダッシュの回数も減る」。

いい事尽くし。

 

◾︎走れば勝てると言う根拠もない

走らなければ勝てると言う根拠も勿論ないが。

戦術的に「走らなければいけない距離」はある。

ボールホルダーへのプレッシャーの掛け方と連動したプレスなんかは完璧にそう。

誰かがサボったら、順繰りに崩れて行く。

しかし、攻撃は自分達のペースで出来る。

メッシやロナウドは10km以上走らない。

12km走る選手と、9kmしか走ってない選手なら、どっちが決定的なプレーができるか?

わずか90分の中で「3kmの差」は、とてつもなく大きい。

 

◾︎まとめ

人間を機械化なんかだと思ってるのが「走れという人」。

いや無理だから。

逆。

「いかに走らないか?」

サボれって意味じゃなくて、「無駄に走るな」という事。

走力でカバーっていうと「聞こえはいい」が、技術不足を足でカバーしているに過ぎない。

 

体力は一定値しかないんだから大事に使おう。