スポーツ好きの考察。欧州サッカー&NBA。

昔スポナビで運営してたブログサービスの引継いだブログ。ちなみにstramacioniは向こうでのユーザーネームです。

ターンアラウンドって右と左がある事って理解されてない??

 

バスケ経験者しか注力してない部分だったりする。

見るポイントなどを。

 

◾︎ターンアラウンド&スピンムーブのポイント

1、回りやすい方向がある

右利きだと、左足を軸に回ると回りやすい。

利き足を頻繁に使うから、利き足の逆が支点になりやすいから。

自分でスピンムーブを試すと分かるが「回りやすい方」ってのがある。

だから、両方綺麗に回れる人は超練習してるという事。

苦手な方も構わず使って、使えるレベルにまで押し上げた。

だいたいは「よく回ってる方向」ってのがあるから、注意して見て欲しい。

 

2、踏み切り足が得意な方がある

これも同じ理由。

右利きなら「左足で踏み切るのが得意」。

レイアップのステップもそうだし、これが自然。

故に、ターンアラウンドシュートの時も「だいたい同じ足で踏み切ってる」。

マイケルジョーダンが凄いのは「どっち足でも踏み切ってシュート出来る事」。

しかも、同じ精度で。

これは「超練習してる」。

やってみりゃ分かるけど、軸足と逆で踏み切ってシュートするのめちゃくちゃ難しいのよ。

両足使えてる人は、たゆまぬ鍛錬の結果身につけてる。

これが見どころになる。

 

3、だいたいが「得意なムーブ」が存在する

ノビツキーなんかは、左回りのターンアラウンドで、左足踏み切りのシュートが得意。

こんな感じで、だいたいが得意なパターンってのがある。

ジョーダンはない。

全て出来る。

これが特筆した見所。

同じように、どっち回りでもどっち踏み切りでもイケる人が存在する。

それは凄い人。

 

◾︎まとめ

回りやすい方向があり、だいたいの人は同じ方向にしか回らない。

稀に全部回れる人は「凄い人」。

そういうのを見分けつつ楽しんで下さいませ♪

 

あ、あと、自分が練習する時に見る動画としてもご活用下さい。

両方回ってるやつを「バケモンだこいつ」と思うようになるから。