スポーツ好きの考察。欧州サッカー&NBA。

昔スポナビで運営してたブログサービスの引継いだブログ。ちなみにstramacioniは向こうでのユーザーネームです。

NBAとの本当の違いは「シュート成功率」。

 

なぜか皆んな忘れてるようだけど、バスケットボールって超簡単。

「点を入れれば勝てる」。

100回攻撃する(シュートを打つ)としよう。

*今回は計算を簡素化するため得点は全て2点とする

フィールドゴール率100%なら「200点」。

フィールドゴール率50%なら「100点」。

フィールドゴール率20%なら「40点」。

お分かりになるだろうか?

攻撃回数を増やすとか、ディフェンスを頑張るとかもいいけど、決めなきゃ勝てない。

得点確率を上げる事が「最重要ポイント」。

 

NBA選手のフィールドゴール

フィールドゴール率とは「シュート本数に対して、シュートを決めた数字」。

10本打って10本決めたら「フィールドゴール率100%」。

10本打って5本決めたら「フィールドゴール50%」となる。

*以下、フィールドゴール率→FG率と表記する

結論からいこう。

「平均50%オーバー」。

NBA選手で構成したチームなら、100回の攻撃で100点は「必ず獲れる」。

厳密に言えば、ポジションによっても違うし、シュート回数が多いかどうかにも左右される。

*ガード(ボールを持ち運ぶ選手)の選手の方がゴールから遠い位置でのシュートが多くなるためFG率が下がる。

*シュート回数の多い「エース」はマークが厳しいのでFG率が下がる。

そんなガードやエースでも「4割を下回る事はない」。

いわんや、いいポジションに陣取ってシュートチャンスを待てる他のポジション(エースやガード以外の選手)であれば「5割を超える」。

そういう選手と競争して勝つか同等の数字を残すことで、晴れてNBAプレーヤーとなる。

 

■シュートを決めるために何が必要なのか?

これのベストな答えが「身長」や「身体能力」。

次点で「遠くからシュートを決める事」となる。

まず身体能力の重要性を説明しよう。

あなたが今10代後半~20代前半の身体能力を持っているとしよう。

その状態で「50代の人とバスケをやった」とする。

その場合、身体能力(スピードやスタミナ)でゴリ押しできる。

ほぼノープレッシャーでシュートが打てるのだから、FG率も50%を超えるだろう。

そんな感じで、自分よりデカく、強く、速く動く選手を止めるのは無理。

ザイオンがヤバすぎるのはそれ故。

そこまでの差はないとしても、シュートモーション中にブロックが間に合うかどうかは「身長」と「身体能力」に左右される。

*最高到達点に差が出てブロックされる確率が変わる。デュラントやノビツキーが止まらないのはそれ故。

あと、ステップバックでシュートが打てるかどうかも身体能力に依存する。

*ステップバックで下がれる距離が変わる。

カリーが最速のシュートモーションなのも、身体能力に少々劣るが故。

*フィジカルが弱いとされるカリーでも垂直ジャンプ80㎝超えの身体能力を持つ

 

次点で必要な「遠くから高精度のシュートが入る事」がなぜ重要かというと、「遠い位置にはスペースがある」から。

相手選手との距離が作りやすい。

つまりは「シュートブロックがない」あるいは「間に合わない」と確信できる状態でシュートを打つチャンスが作りやすいという事。

その場所でもFG率50%を超える数字を出せるのならば、身体能力に優れた選手と同じ活躍ができる。

だから重要。

 

■シュートの扱いが全て

とにかくシュートを決められるかどうか?が全て。

少ないチャンスでもいい。

1試合に2本しかシュートチャンスがなくてもNBA選手は確実に1本は決めてくるし、インサイドプレーヤーなら2本は決める。

テクニックを活かした得点でもいい。

身体能力ゴリ押しの得点でもいい。

方法はなんでもいいから「シュートを決める事」。

至ってシンプル。

「上手くやった」とか「惜しかった」とか「次がある」とかそんな言い訳はどうでもいい。

真に問われるのは「圧倒的な現実」。

「今」「目の前の」シュートを決められるどうか?

その「たった1本の現実」の積み重ねが「バスケットボール」。

夢も希望も抱く隙間はなく、ただ圧倒的な現実がそこにある。

 

■まとめ

バスケットボールは「シュートを決める」競技。

シンプルにFG率が高いほうが勝つ。

シュートを決めるために「身体能力」や「遠くからのシュート決定率を上げる事」が必要となる。

たった1本のシュートの積み重ねで、1試合が出来上がる。

サッカーなどのシュート本数が20本前後で1本しか決まらないような競技とは根本的に違う。

バスケットボールは、バクチで決めた1点には価値がない。

着実に、確実に1本を決め、それを試合を通して安定したパフォーマンスで行えるから意味がある。

そこには偶然や誤魔化しはなく、圧倒的な実力差となって数字に表れる。

「やればできる」「もっとチャンスがあれば」などの御託は一切通じない。

「いま」「何ができるか?」それが重要であり、それ以外は必要じゃない。

その中で生き残っているのがNBA選手であって、とても凄い人達。

 

今年もNBAを楽しみましょう!