スポーツ好きの考察。欧州サッカー&NBA。

昔スポナビで運営してたブログサービスの引継いだブログ。ちなみにstramacioniは向こうでのユーザーネームです。

スモールラインナップが流行った「本当の理由」。

 

カリー&トンプソンを「最大限に活かすため」。

戦術というのは「選手ありき」であり、戦術が先行することはない。

 

■プレーするのは「選手」

なぜか忘れられがち。

実際にプレーをするのは選手。

監督やコーチがプレーするわけではないのね。

その選手が「どうしたらもっと輝くようになるのか?」。

この答えが「戦術」。

選手達が「より快適に」「より効率的に」「より活躍するために」どうしたらいいのか?

その結果生まれたのが「スモールラインナップ」。

今のレイカーズ(2020年1月11日時点)がビッグラインナップなのも、単なる「流行り」ではない。

今のレイカーズの選手層で、選手達が輝くためにベストだと思う戦術を行った結果。

選手で戦術が決まる。

 

■選手>戦術

選手で戦術が決まる。

戦術の目的は「選手が輝くための方法を探す」事。

それを踏まえた上で、「なぜスモールラインナップなのか?」を考察する。

 

■スモールラインナップな理由

稀代の3Pシューターであるカリー&トンプソンに、「できるだけ多く」かつ「フリーで」シュートを放ってもらう事。

そのためには「相手の体勢が整う前に攻め込む「高速トランジション」に加え、「パスの上手い選手を多く配置する」必要がある。

■高速トランジション

速い展開に持ち込む利点は二つ。

1、3Pシュートをフリーで撃つこと

カウンターで相手と一対一で裏に広大なスペースがある場合、3Pシュートをシビアにチェックできない。

*抜かれると100%ゴールになるため

そのため、トランジジョンスリーはプレッシャーが緩い。

あの二人がフリー同然で撃てばほぼ決まる。

 

2、シュート本数を多くして3Pの有効性を上げること

単純に2Pを50回決めた得点と、3Pを50回決めた得点では「3Pの方が上」。

例えば、100回攻撃したとしよう。

フィールドゴール60%の2Pなら「120点」。

フィールドゴール40%の3Pなら「120点」。

この数字を上回る事が出来るなら勝てる。

スプラッシュブラザーズは40%を超える。

あとは「いかにして本数を撃たせるか?」がポイントになる。

そしてそれは「高速トランジション」で解決できる。

 

■パスの上手い選手を配置する

スプラッシュブラザーズに良い形でボールを渡すこと。

高速で攻め込んでも、視野が狭い選手ばかりだと「スプラッシュブラザーズに良い形でボールが回せない」。

せっかくフリーになってても、ゴールに突進していく選手ばかりでは機能しない。

しかしながら、ウオーリアーズにはパスが上手く身体が強い選手がいた。

「グリーン」。

そしてそのポジションを補うもう一つの頭脳「イグダーラ」が。

この二人を配置し、高速で走り回り、フリーの選手に逃さずパスを送る。

フリーの選手は高確率で3Pを決めるスプラッシュブラザーズ&デュラント。

 

かくしてスモールラインナップの完成。

 

■弱点もある

1、撃ち合いに負けないDF重視のチーム

攻撃が機能しない場合。

…なんだが、スプラッシュブラザーズ+デュラントだった頃は「防ぎようがなかった」。

全員が絶不調ってことはまずなくて、誰かが当たってればお任せモードでいけた。

デュラントはパスも上手いし。

「撃ち合いを強制される」ってのが当時のウオーリアーズが最強たる所以。

トンプソン&デュラントが抜けたウオーリアーズを、トロントが粉砕したのは記憶に新しいところ。

 

2、攻撃面で上回れる場合

攻撃性能で負ける場合。

これもスプラッシュブラザーズ+デュラントがそろい踏みの時は不可能だった。

まさに王朝。

抜けた今は何とかなる。

 

■まとめ

選手で戦術は決まる。

流行りの戦術などはない。

ただ今いる選手達に最高のプレーをしてもらいたいと考えて実行するのが「戦術」。

その結果生まれたのが「スモールラインナップ」というだけ。

プレーするのは、人間であり、人類最高の技術を持った「選手」です。

人のための戦術。

戦術のために人がいるのではない。

 

ぜひ「人」に注目してください。

それが原点であり、それ以外の事は些末事です。

 

最高のプレーを楽しみましょう!