スポーツ好きの考察。欧州サッカー&NBA。

昔スポナビで運営してたブログサービスの引継いだブログ。ちなみにstramacioniは向こうでのユーザーネームです。

育成か?結果か?同時に追求する事は出来ない。

 

育成と結果は同時には手に出来ない。

 

その辺を少し。

 

◾︎育成とは選手を育成する事

育成を要する状態にある。

つまり「まだ未完成の状態である」という事。

逸材だろうが何だろうが同じ。

将来の最強選手=今はまだ粗さがある状態。

未完成の選手を使うのだから「結果は出ない」。

だって、現状ではもっと上手い選手はいて、その選手で構成したチームの方が強いのだから。

 

◾︎結果を出すという事は、即ち「今、ベストな事をする」事

今・現在ベストな状態にある選手を使う。

将来にどうこうではない。

今最も上手い選手が多くいるチームが勝つ。

今がベストという事は数年後は落ちる。

…が、そんなのは知った事ではない。

今結果を出したければ、今ベストな選手を使う。

 

◾︎現実的には?

連携やら生活やら何やらで、チームとして安定してまとまるには「時間がかかる」。

故に、3年後にベストな状態になるようにチームは構成される。

ここが若手が評価される理由であり、ベテランが軽視される理由でもある。

チームの軸となる選手は若手で作り、その時に足りない部分を今最も上手いベテランで埋める。

その時にベストな選手が多いチームが勝つ。

 

◾︎ピーク後は?

成長した主軸の若手と共に衰退する。

チームのベースは「その選手」。

代表的な所だと、ユナイテッドのギグススコールズ、スパーズのジノビリやダンカン。

その選手のピーク期間が、そのチームが強い期間。

主軸が27〜35歳の期間は「強い」。

それ以降は、ゆっくりと衰退→作り直し。

 

◾︎育成は育成、結果は結果

育成したければ、結果を優先せずに選手を使う必要がある。

稀に結果も出せる超若手もいる(ドンチッチやラッシュフォードとか)が、それは特別。

通常は、どの順位でどの状態を狙ってるのかを整理ながら若手を起用し、ベテランとの配分を決める。

結果を出したければ年齢構成を高くし、今ベストな選手を使う。

それらは両立できない。

両立できないが、育成の延長線上に結果がある。

結果だけを見ててもダメだし、育成だけを見ててもダメ。

しかしながら、それらは両立はできない。

そんな感じ。